家

二次被害を阻止する術を知ろう|トイレ詰まりに焦りは禁物

住宅に手を入れる

バスルーム

住宅の老朽化

新築住宅であっても築年数がたってくると、色々な場所でリフォームが必要になります。特に老朽化が激しい場所が水回りですので、築10年以上経過した場合には、定期的にチェックが必要になります。日本の住宅のほとんどは、床材や壁材は木造になっていますので、どうしても水分に弱いという特徴があります。その分だけしっかりと風通しを行うことで、水分を飛ばすことが重要になります。そうしておけば、水回りであっても老朽化の進行が防げるため、リフォームの必要性も抑えることができます。特に、浴室の脱衣所などは床材が湿気でふやけてしまうことがよくあります。水回りの設備だけでなく住宅にも手を入れる大掛かりなリフォームが必要になります。

日々のメンテナンス

住宅本体だけでなく、設備面でも水回りのリフォームは必要性が高いと言えます。台所やお風呂、トイレなどは毎日のように使用する設備です。そのため、どうしても不具合が起きやすいということが言えます。最近では浴室に乾燥機を設置したり、給湯システムを接続したりしているため、大規模な設備工事が必要になります。一般的に、システムキッチンが100万円程度、ユニットバスも100万円近い費用が必要になりますので、水回り全体をリフォームすると数百万円が必要になります。また、工事期間中は、毎日使用するはずの水回りを使用できない期間がありますので、工事中の計画も十分に立てておくことが重要です。できるだけリフォームが先送りできるように、日々のメンテナンスが大切です。