作業員

二次被害を阻止する術を知ろう|トイレ詰まりに焦りは禁物

住宅設備の管理とその方法

蛇口

水漏れはある程度年数のたった住宅設備であれば避けることができないトラブルです。軽度のものであれば応急処置で対応可能ですが、それ以外の場合であれば専門の業者に修理を依頼するのがオススメです。大阪で業者を探す際には、その料金プランの違いに着目して事前にリサーチをかけていくと良いでしょう。

Read More..

住宅に手を入れる

バスルーム

住宅の中でも水回りはもっともリフォームが生じやすい場所と言えます。水分が多く湿気がたまりやすいためですが、費用もかかりますし、工事期間中が不便ですので、できるだけリフォームを先延ばしできるように、日々のメンテナンスが重要です。

Read More..

突然起こるトイレトラブル

洗面所

トイレ詰まりは気を付けていても、突然起こることがあります。水の流れのタイミングなどもあるので、いざという時のための準備をしておくと安心です。24時間365日すぐに対応してもらえる専用業者を見つけておくと焦らず対応でき安心です。利用者が多く、人気が高まっています。トイレ詰まりが起きてしまったら、無理にトイレのレバーを引いて水を流さないようにすることが大切です。便器に流れないで溜まった水が溢れてしまい、二次被害を引き起こしてしまいます。トイレ詰まりを確認したら、便器はそのままにしておく方が無難です。特に集合住宅では、階下に水漏れなどの悪影響を及ぼす場合があります。トイレの水が溢れてしまった場合はすぐに拭き取るようにしましょう。二次被害を阻止する術を知りましょう。

簡単なトイレ詰まりならば、自分で道具を使って詰まりを取る方法もあります。ホームセンターに売っているラバーカップを利用して、便器の中の詰まりを取っていきます。しかし、流したものやその時のトイレの状況によっては、ラバーカップだけでは解決しない場合もあります。そのような時はすぐに専門業者に連絡をして、対応してもらうようにしましょう。トイレは汚物を流す場所ですので、衛生面には十分に気を付けて行いましょう。また、汚物で汚れてしまった場合は、適切な方法で消毒を行い、早めにキレイなトイレの状態に戻すようにしたいものです。また、トイレを使用する時は、トイレットペーパーを一度に大量に流さずに、こまめに水を流すようにして、トイレ詰まりにならないように気をつけることが大切です。

すぐに修理が必要です

トイレ

トイレが水漏れすると、床がベチャベチャになってとても大変ですが、まずは水漏れ箇所を特定することが大切です。修理が簡単な箇所の場合は自分でも直せますが、難しい箇所の場合は無理をせずにトイレ水漏れ業者に依頼しましょう。

Read More..